アプリって実際どう?

個人アプリ開発の収入を公開しております(2019年まとめ)

そもそも目的はなんだっけ?

2019年のアプリ収入を公開していくかどうかについて、実は結構迷いました。
公開する目的って何だろう?と。

改めて確認すると、公開の目的は以下の2つかな。

・ブログのアクセスアップ(→自作アプリの認知拡大)
・これからアプリ開発を始めようかと迷っている人への情報提供

↓こちらに随時追記していきます。

(4アプリ合計) 広告収益
(AdMob)
アプリ内
課金
月間収益
計(円)
1月 21539 14900 36439
2月 24169 12096 36265
3月 25700 7812 33512
4月 22700 11735 34435
5月 22300
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

最近は横ばいですが、2018年の記録と比べると、多少伸びているのが分かると思います。
2018年まとめ

考察

これまで、4つのアプリを個人でリリースしてきたのですが、ちゃんと収益化に繋がっているのは下記の2本だけです。

・家族史年表
・目標継続カレンダー

打率、5割。

そして今年リリースした最新作「夢叶えるゾウ」に関しては、リリース後2週間の合計収入はなんと・・・!

「14円」

・・・撃沈。

そうなんです。これが個人開発の恐ろしい現実なんです。
(むしろ上記2本がまぐれ当たりだったともいう。)

4本とも、私はめっちゃ欲しいと思って作ったんですよ。
それぞれに思い入れがあります。

しかし・・・
・世間のニーズは出してみるまで全然分からない
・かなりギャンブル
・はずした時のダメージは結構デカイ。

皮肉にも「夢を叶えるゾウ!」というアプリが、厳しい現実を再認識させてくれる結果となったのでした。

大丈夫、私は使うよ。
たとえアクティブユーザーが1人になったとしても。笑

やるべき事とやりたい事の狭間で

当たり前ですが、「自分が作りたいものを好き勝手に作る」のが、一番楽しいです。それで生活できるなら、それが最高です。

今はそれだけやり続けるのはだいぶリスキーなので、他の方向も模索(WEB系修行)していますが、そこで数段パワーアップして(サーバーサイドの知識はアプリにも活かせるはず)、収入の柱を増やしつつ、最終的にはやっぱりアプリの個人開発メインに戻ってこれたらいいな。

アプリはやっぱり楽しいんですよ・・・。

追記

この記事、結構反響を頂きましてたくさん読まれているようなので、これからアプリ開発を始めようかと迷っている人へ、なるべく偏りのない情報を提供するため、誤解の無いように追記しておきます。

・打率5割は上出来すぎ
・私のアプリは”年”20円程度だ
・これはレアケース

だそうです・・・。
贅沢言ってすみません。

関連記事はこちら