アプリ開発って実際どうなの?

ついに退職を決意。本業アプリ開発者になります(*´∀`)♪

新卒で入社して、12年勤めた会社を去ることを決めました。

(私と違って)だいぶ堅実派で安定志向の旦那を説得するのに大変苦労しましたが、最後にはしぶしぶ分かってくれました。

今年2018年一杯で、退職しまーす♡

平成も終わるし、35歳になるし、なんていうか、節目よね。

いままでは割と流れに身を任せて生きてきちゃった感がありますが、今回初めて自分で意志をもって舵を切って、流れを変えました。だからこの選択が吉と出ても凶と出ても、自分の責任だし、後悔はしません。

安定と引き換えに会社組織に縛られる(しがみつく)生き方はもうやーめた!!

そんな生活12年もやってきたから、もう十分。

まだ全然本業にできるほどの収益は上がっていないんだけど、これからきっと稼げる手応えというか、根拠のない自信に満ち溢れています 笑

旦那からは、「一体どこからそんな自信がわいてくるんだ?」と呆れられておりますが。

自分の力だけでどこまでいけるか、試してみたくなっちゃったのよね。

産休育休取っといて結局辞めるのかよ?というご批判はごもっともです。その批判に対しては、「産休取得時点では続ける気でした」としか言えません。でも普通にバリバリ働いてた男性社員が突然家庭の事情で退職したり、転職する可能性だってあるわけで、数年先に何が起きるかなんて、誰にも分からないよね。急に気が変わることだって、あるじゃない、だって人間だもの。笑

不安ももちろんあるけど、会社の上司に辞める宣言をしてきちゃった今は、もはやとっても晴れやかな心境。今まで何を迷っていたのか不思議なくらいに。

私がアプリを作ろうと思い立って、一番最初に買ったswiftの参考書の表紙に、こう書いてあったんです。

「どこまでも飛ぼう」って。

響きがいいよね。笑

個人アプリ開発でもちゃんと稼げるって、
私が証明したるよー!!

(もしダメだったら、どうぞ笑ってください。)

2019年が待ち遠しくてしょうがない。

補足(追記)

旦那は普通に真面目にサラリーマンやっております。
私がこんな冒険ができるのも、すべて旦那のおかげです。
謝謝。