育児とプライベート

3歳保育園児のプリキュア事情

今日は久々の子育て記事です。興味ある方だけどうぞ。

プリキュアを見せたくないという無駄すぎる努力

娘が3歳近くなると、呼んでもいないのに勝手に忍び寄ってくる奴らの影。そう、プリキュアさんたちよ。噂は聞いてたので、だいぶ早めから警戒してましたよ。

でも家庭でどんなに努力して避けていようとも、保育園や幼稚園に通っている以上、必ずお友達から情報を仕入れてくるんですよね。

それでも頑として家では見せないというお家もあるのかな。でも本人が周りのお友達の話題についていけなくて寂しい思いするかも・・・と想像すると、まぁ見せちゃうよね。(←弱っ)

そんなわけで「プリキュアを見せたくない」という無駄な戦いは9割9分、敗北に終わるでしょう。

なんでしょうね、インフルエンザみたいなものだと思って諦めれば良いのでしょうか。

そして敗北するとこうなる。

◆寝ても覚めても謎のプリキュアごっこにつきあわされる
(しかも演技指導が厳しく、気持ちが入ってないと怒られる)

◆強制的にキャラの名前を覚えさせられる
(クイズの出題範囲が数世代前のやつにまで及ぶことも。いっぱい居すぎて無理。)

◆園の持ち物がどんどんプリキュア化
(買い与える親も悪い)

◆衣装やグッズを次々買わされる
(おもちゃメーカーの思うツボ)

◆ハッピーセットがプリキュアな時期は、
マックの前を通れなくなる

いつまで続くのか

一体何がそんなに彼女達を惹きつけるのでしょうか。一緒にアニメを見てみたものの、ストーリーが陳腐すぎて、甲高いアニメ声と口調が受け付けなくて、もう…

娘と一緒にプリキュア映画見に行くような、優しいお母さんにはなれそうにありません。

そんな我が家のプリキュアブームはまだ序章。なんせ下にもう一人娘がいるのでね・・・。
今後もうまく付き合っていきたいものです。
これも懐かしい思い出になる日が来るのでしょうか。
早く卒業してくれ…!

似たような状況の方、もし居たら供に頑張りましょう。